クルマ社会   

アメリカでのハイブリッド車の普及率が2012年には1割を越えるらしい。

┏━━トップニュース━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ◆低公害車、2012年米新車市場の1割に

  米自動車調査大手JDパワー&アソシエイツは28日、米新車市場でハイブリッ
 ド車とクリーンディーゼル車が占める比率が2012年に昨年実績の3倍にあたる11
 %に拡大するとの予測を発表した。消費者の環境意識の高まりで「当初予測より
 需要が上振れしている」という。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

環境意識の高まりで....っていう部分はどうかと思うが、安い安いと言われる
米国のガソリン代が、現在、もんのすげぇ勢いで高騰しているのが、要因のひとつ
じゃぁないのかなぁと思います。

先日訪れた際はガロンあたり2.2ドル。これは99年時点のレベルの軽く2倍。
そりゃぁ、単価が安い(リッター当たり86円)のは確かだが、走行距離は
日本の軽く3倍ぐらいなので、生活費に占めるガス代の比率は高く、家計への
負担は大きいもんでありまする。

しかも!ガス代を節約しようと自転車や電車、バスで移動しようと思っても
そんな交通機関なんてどこにもありゃしない。

あぁ、ほんと、後進国。不便な国。アメリカ。

そりゃぁ、自分の好きな車乗って、好きな曲かけて。。。。
いいイメージが先行しがちですけど、面倒なことが多いっす!

ただ、トランクとか、後部座席って、くつとか、荷物入れにはもってこいだなぁ。(あ、うちの大将に怒られる)
[PR]

by nacky0628 | 2005-06-29 20:02 | つれづれ

<< すっかりごぶさた。 天王寺 Hoop >>