2段モーション   

テニスの話題

プロ野球の投球動作で、2段モーションはダメということになったという。
一連の流れで動作をしなければならない。ということで、一度とまったり、同じ動作を
繰り返してはならないという。

野球の議論は、野球界でやってもらえばいいと思うのですが、これ、テニスのサーブの動作にあてはめると、ちょっとしたヒントになるんちゃうかと思います。

会社のテニス部に僕が得意としている強い選手と、僕が苦手としている強い選手がいましてね。僕が対戦するのに、とてもやりやすい選手は、思えば、全ての動作がとてもスムーズで流れが止まらないのです。僕とリズムの取り方が似ているということも原因にあるかもしれません。

が、苦手としている選手は、というと、これがなかなか流れが読めない。で、何か、こうリズムをつかみにくいんですよ。同じことが、今年3度も(3度も!)全国大会進出を阻みやがりましたO阪ガスの選手(とんぼいけ君)にもいえまして、この野郎クンは、サーブのトスを何度も何度もやりなおすわけです。

テニスの場合、今のところサーブの動作にはあまりモーションに関するルールはなく、助走さえつけなければ、よいことになっています。が、トスのやり直しってのは、どうなんでしょう。

うーん、ま、アマチュアですし、スポーツマンシップを互いが尊重しあうということが大切だと思いますが、ちょっとルール化してほしいなぁという気もします。ね。

逆に、露骨になりすぎない程度で(このさじ加減がむずかしい♪)、このリズムの差ってのを来年は使ってみようかなと思う今日この頃なのです。
[PR]

by nacky0628 | 2005-11-12 10:38 | すぽーつ!

<< Baganにて 街角 >>