つれづれと   

ま、いろいろありました。

試合には木下くんのおかげで間に合いました。(直前まで試合開始時刻を1時間勘違いしていました。)まるで、昨日からサマータイムが始まっていることに気づかず、JOSH(練習相手のジュニア)を1時間待たせたときのような気持ちでした。

さて、ま、1150円も出せば、間に合うだろうという「南阪奈線」という高速道路を使い、あっというまに会場の明日香村へ到着。生駒山のトンネルをこえたときに見えた景色は、なにか、神秘的な光景で、広い大地にぽっかり、遠くに、小さな山がみえまして、そこへ向かって高速道路が吸い込まれていくというようで、あぁ、あそこか明日香村なのね。と思いつつ、なぜか、語感から、Nascarの地上絵ってどんなだろうと、遠くペルーのナスカに想いをはせておりました。

で、試合は、予選:6-0、6-0、本戦1R:6-0、2R:6-3ということで、スコアの割りにかなりヘバリました。(3R以降は2月の初めという、まさに極寒大会)

なんてったって、耐寒シングルス大会。寒さで体温を奪われるため、コートチェンジのときには、ベンチコートを着ましたよ。(昼飯の「ザ・めしや」で食べたトン汁うどんがなかったらどうなっていたことか...)

ベンチコートのフードをかぶると、まるでダースベーダーのボスみたいだった。。。。

で、対戦相手のテニスの質とか、マナーについて、思うところは多々あれど、井の中の蛙が多いなぁ、と。ちょっとばかしセンチメンタル。

ボールを持ってきてもろたら礼ぐらい言わんかえ。若造。ってなことで、3500円も出して試合出てるんだから、もっとみんな勝ちに執着しなきゃ、もったいないんじゃない?という気もしました。

ルイビルで出た草トーって、もっと本気で顔を真っ赤にして、襲ってきたような気がするなぁ。

みんなかっこつけすぎだすな。(いいすぎまして、すみません)
[PR]

by nacky0628 | 2006-01-22 23:28 | つれづれ

<< ちびっこギャング 果し合い >>