こういう日もあるさ   

一般テニス愛好家のみなさん!
セーフティーラインの記事読んでますかぁ?笑 (まだならこちら
今日はベスト8で一歩及ばず負けちゃいました。こんな日もあるさ。の巻。
① 足の親指からお尻へ伝わってくるパワーが今日は不足していたと感じました。
② 最後のゲームは0-30のチャンスまで追い込んだのですが、それまでまったくして来なかったサービスボレーときれいに3ポイント決めてきて、相手が一枚上でした。
③ 気温が低かったからか、ボールがとにかくガットに食いつかない。深さをコントロールするために、結局方から先のスイングで調節していたなぁと自覚。

こんな日でも楽しんで、勝ちたいですが、まぁ、寒いし、しょうがないですね。相手が一枚上でした。

足(お尻)に不安があって、どうしても武文流セーフティラインの設定・調節がむずかしかった。ヒンギスのような視野を広く持った楽しいテニスってのはある程度展開できたので、また次回リベンジを狙いましょうかね。

さて、帰宅して、Dementievaの素晴らしい大当たりなテニスをテレビでみました。
Hingisも「らしくない」パワーテニスでの応戦。対戦した者同士じゃないとわからない色々な感覚は一般テニス愛好家には、計り知れませんが、全豪で1回戦負けして、しっかり準備したDementievaに拍手ですね。サーブの素振りをコートの上で1時間もやっていたらしいです。いやぁ、さすがそれで飯食ってるプロです。

それにしてもHingis。WelcomeBackですね。
[PR]

by nacky0628 | 2006-02-05 19:05 | つれづれ

<< 打球音が聞こえてくる写真 東京タワーへの召集 >>