iPod物語 つづき (つづく。。。。)   

iPodの中に広がる世界の広がり

CDをPCに取り込んで、iPodに転送して聴く。
音質にはあまりこだわらず、とにかく重たいCD、かさばるCDを
持ち運ぶ必要がなくなることのメリットに絞ってみようと考えていたわけですが....

使い始めると、次から次へと嬉しいことが生まれてきた。

知られているようで知られていないのが、Pod Castという
PCでダウンロードしてから観るビデオ、聴くラジオ(音楽、トーク)。
有名どころでは、NIKEのCMでよく流れているブラジルのサッカー選手たちの
映像。ロナウジーニョの美技の数々は圧巻。
※ どえらい綺麗な液晶画面は、もちろんシャー○製。(宣伝)

数多くのチャンネルが視聴、鑑賞可能ですが、ぼくが電車で聴いている
チャネルは:
聴く日経新聞
ほぼ日刊イトイ新聞
読売ニュース(動画)
Radio Sakamoto (J-Wave 坂本龍一)
MTV Updates (recorded in US)
Tennis Talk (recorded in US?)

数えればきりがないほど、無料のチャネルが盛りだくさん。
はっきり言って、これほどのチャネルがあると、取捨選択のテクニックが
情報社会を生き延びる、iPodを駆使するには必要不可欠となります。

ただPodCastは万能ではなく、まだまだ生まれたばかり、著作権の問題が
あって、ラジオ局のチャネルでは、なんと、曲はかけられず、トークだけの
違和感だらけの時間が過ぎていくこともあります。

で、また、mixiで再会(?)した高校時代の生徒会長さんは、古いアルバムを
iPodに転送して聴くにもなかなかよい、ってこと言うてはりまして、
それは僕も同じ感想ですね。なんにしても、結構おもしろいのは、
捨てるかどうか迷っていたCDをiTunesにコピーして迷わず捨ててしまえる!
という割り切りができたことであります。

iTunesでいろいろ遊んでいたら、AUDIO BOOKなんてのもあって、
夏目漱石 羅生門や武者小路実篤 友情など、純文学作品も購入(有料)
できるようで、しかも、洋書も結構たくさん出ている。
その広がりにちょっとびっくりしております。

おたっきーにiPodばっかりいじってないで、外で遊びなさいって
感じですが、いやいや、今は結構テニスやってます。山もちょっとだけですが、
登ってます。(ハイキングコースが雨水濁流の六甲山ハイキングコースは最高)

さて、ま、そんなことで、ひとりごつ。また次回。
[PR]

by nacky0628 | 2006-05-29 22:23 | つれづれ

<< 電車でのんびり テニス系ネットサーフィン >>