ネットのあやうさ vol.1   

別に連載しようとは思わないが、ネットの危うさをここに書き始めようと思うと、
無意識で、vol.1というシリーズものを思わせる背番号をつけたくなった。
それほど、このネットのあやうさという題名だけで、心に浮かんでくるひとりごつは
数多い。

ネットでのいじめが急増しているのだそうだが、もし自分が中学生だと思うと、
考えただけでおそろしい。ネットで繰り広げられる自分への攻撃におびえ、
日常生活での自由な発想や発言が阻害されるはずだからである。
子どもの攻撃性はただでさえ、歯止めが効かない。
そこへもってきて、匿名性の高い(というか、便所の落書きよりも周知効果があり、
完全なる匿名性を持った狂気なメディアとなり得る)ネットを悪意をもって利用する輩が
周りにはびこるなら、世の中はなんとも暮らしにくくなる。

掲示板の多くが今では悪意をもった悪戯な書き込みによって閉鎖され、
いわゆる、IDとPWでアクセス制限されたソーシャルネットワークに引っ越して
行ったのは、自然の流れだろうか。

上手に使えば、逆に、これほど素晴らしい媒体はないのであって、
そこに人間の、さらに言えば、日本人の素晴らしい感性でこの陰湿な事件の多い国が
少しでも明るくなればとも思う。
[PR]

by nacky0628 | 2008-11-21 23:07 | つれづれ

<< Biz Meeting 泳いでみた >>